東京支部長 ご挨拶

 

 

 

東京支部長 成岡  孝行 (53C)

2015年5月

 

 

 支部長をお引き受けしてから、早いもので2年が経ちました。支部長の任期は会則により2年間と定められていますので、次期支部長を電気系の会員へバトンタッチいたします。

2年前を振り返ると、アベノミクスが始まり、何となく景気が良くなりかけた時期でした。まだ恩恵は大企業だけであり、これが中小企業に広がり、更にサラリーマンの賃金上昇に繋がるビジョンは多くの国民が半信半疑でした。しかし、今年の春闘では久しぶりに多くの企業が賃上げを実施するところまで来たようです。安倍首相の評価はまちまちですが、信念を曲げずに突き進めば、困難と思われる目標も達成出来ると思わせてくれたことは事実です。

 さて、同窓会活動も価値感の多様化が進む時代では「時代遅れの産物」との声もありますが、「同窓会だから出来ること」があるはずです。少子高齢化が益々進む時代にあって、大学・学部の存在意義も変わってきています。

 浜松地域の「やらまいか=チャレンジ精神」は史実に照らしても静大工学部・情報学部にとって有利な環境です。一方、多くの企業・団体の中枢組織は東京に集中しています。私たち東京支部はその両方にパイプを持つ貴重な存在と言えます。また、最近は静大の他学部の同窓会役員とも連携を強めており、共同でイベントを企画する中で新たな人脈が生まれることも大きな魅力となっています。

 是非、皆様のお近くにも居るはずの会員をお誘いいただき、同窓会活動へ参画していただくことを希望します。

 今後とも、同窓会活動が会員一人ひとりの人生を充実する一助になることを願ってやみません。



*東京支部ホームページ:http://tokyo.sanaru.org/