東京支部長 ご挨拶

 

 

 

東京支部長 成岡  孝行 (53C)

2014年5月

 

 

 支部長をお引き受けしてから1年が経過しました。相変わらず歴代支部長の支援を受けながらの運営ですが、2年目は新たな取り組みに挑戦したいと思います。

 東京支部の同窓会活動を考えると、多くの企業の本社機能が東京に集中しているため、就職後の最初の任地が東京になる方が大勢います。しかし入社後10〜20年間は同窓会とは無縁で興味も沸かないのが実情でしょう。そして、無意識のうちに事実上会員から脱退される方が大半と思います。

 現在、同窓会に限らず、種々の組織の共通の課題は「新規若手会員の参画」です。
しかし、価値の多様化の時代にあって、若手会員の参画が思わしくないのは当然の結論かもしれません。

 そこで、私たち執行部では、同窓会の存在意義を改めて検討しました。

 不確実性の時代だからこそ、「人脈づくり」に対するニーズが高い筈であるとの結論です。これまで、支部活動の中心はゴルフコンペを除けば「春・秋の講演会」です。講演はまさに講師から聴講者(参加者)への一方通行のメッセージです。確かに興味深く、有意義な情報に触れることはできますが、若手会員には受動的な企画であり欲求レベルを満たしていないと思います。

 ですから、今後新たに企画するイベントは可能な限り参加者同士の人脈形成に繋がる内容にしていくつもりです。能動的な同窓会活動が益々活発になり、大学・学生・教職員への支援と併せて、同窓生の人生を豊かにする一助となることを願っています。
今後も執行部の一員として、支部活動、本部同窓会活動に微力ながら貢献できればと思っています。皆さまの執行部へのご参画、支部行事へのご参加・ご支援を心からお願い致します。


*東京支部ホームページ:http://tokyo.sanaru.org/