東京支部だより

 

                  東京支部長 高井 将博(40C)

2002年5月

 

浜松工業会東京支部の皆様におかれましては、ご健勝にお過ごし、ご活躍のことと存じます。

昨年5月に大須賀前支部長からバトンをお受けして、あっという間の一年間でありました。この一年間を振り返りますと、米国における同時多発テロ事件とアフガン戦争、パレスチナ紛争に象徴される民族・宗教間の対立・相克の深刻化、又、経済面でのグローバル化の進展、世界の工場としての中国の躍進とWTO加盟等々世界的に激しい変化の年でありました。一方我が国では、政治家・官僚の堕落の顕在化、なかなか進まぬ構造改革、海外生産シフトに伴なう国内生産の空洞化の進展、止まらぬデフレ等々混迷状況が続いております。

かような状況の時こそ、浜松工業会の同窓生が様々な形で気楽に情報交換出来ることは、ビジネス活動や有意義な人生を送る上で助けになるものとの思いで、下記の諸活動をしております。

 

1.講演会の開催

 同窓生を中心に講師をお願いし、話題提供型のご専門のお話をテーマにして講演会を年3回開催しております。東京駅八重洲地下街の「八重洲倶楽部」を会場とし、毎回約40名の参加者を得て講演していただき、講演後は会食しながら情報交換をしております。

2.若手懇親会の開催

 1970年以降の卒業生を中心に、名刺交換と雑談を狙いとして、八重洲界隈で気楽に飲み、語り合いをしております。年2回を目途として開催し、30名前後の参加者があります。

3.懇親ゴルフ会の開催

 昨年から東京支部にゴルフ幹事をおき、東京佐鳴ゴルフ会として発足、年2回を目途として愛好者を募って開催しております。

4.ホームページの開設

 昨年9月東京支部の活動状況、諸行事の情報提供を主目的にホームページを開設しました。浜松工業会本部等々のホームページともリンクさせております。

 その他、支部役員会の主催ではありませんが、「曳馬野の集い」実行委員会の方々が、上記八重洲倶楽部を集いの場所として活発に活動しておられます。

 ユニークな同窓会全国組織である浜松工業会の存在をより多くの支部員の方々に認識していただき、参加してもらえるよう役員一同一層努力してまいりたいと思っております。引き続きご支援、ご協力をお願いします。