浜松工業会東京支部会則

 

第1条      本会は、浜松工業会会則第3条に基づいて設立された東京支部で、浜松工業会東京支部と称し、会員相互の親睦と社会的向上を図ることを目的とし、これに必要な事業を行う。

第2条      本会会員は、浜松工業会の正会員、名誉会員、特別会員よりなり、下記の地域に居住又は勤務するものを持って構成する。

東京都、千葉県、埼玉県、山梨県、神奈川県のうち、横浜市および川崎市

第3条      本会の本部は東京都に置き、日常の事務を処理する事務所は当該支部長の責任で設置するものとする。

第4条      本会には次の役員を置く。

支部長     1名    本会を代表し、会務を統括する。

副支部長   若干名  支部長を補佐し、支部長事故ある時はこれを代行する。

幹事       若干名  支部長の指示に従い会務を遂行する。

               必要に応じて担当業務を分担できる。

会計監査   1名   本会の財産、会計および事業全般を監査する。

顧問       若干名 本会の重要な会務に参画し、支部長の諮問に応ずる。

サポータ     若干名 役員と支部活動情報を共有し、支部活動に協力する。

第5条      支部長、会計監査は総会において会員の中から選任する。

副支部長、幹事は支部長が会員の中から選任し、総会に報告する。

顧問は支部長経験者および本会に特に功労のあった会員を、役員会で選任し、総会に報告する。

サポータは本人の同意を確認して、会員の中から役員が推薦し、支部長が委嘱する。

第6条      役員の任期は総会での承認を持って引き継がれ、翌々年度総会までの2年間とする。ただし、顧問の任期は定めない。また、役員に欠員が生じた場合、前条の規程に基づいて補充することができるが、任期は当該役員の残余期間とする。

第7条      総会は毎年1回開催する。但し、必要に応じて臨時総会を開催することができる。

第8条      下記の事項は総会の決議を経なければならない。

@       決算に関する事項

A       事業計画に関する事項

B       会則変更に関する事項

C       支部長、会計監査の選任に関する事項

D       当支部関係の本部役員推薦に関する事項

E       その他支部長が必要と認めた事項

第9条      役員会は支部長、副支部長、幹事、会計監査で構成し、会務遂行上の諸事項を審議する。又必要に応じて顧問も出席できるものとする。

第10条 会議の決議は出席者の過半数の賛成をもって成立するものとする。また、総会決議事項は浜松工業会会報「佐鳴」誌上で行う。

第11条 本会の経費は事業開催時の会費、及び寄附金その他をもってあてる。

第12条 会計年度は4月1日から翌年の3月31日までとする。ただし、役員交代期の会計報告は次期役員に委嘱するものとする。

《付  則》

第1条     本会則は1984年5月25日改訂。

第2条     1987年6月5日改訂。

第3条     1990年5月18日総会で第9条DをEとし、新たにDを追加変更する。

第4条     1991年5月23日総会において会名変更にともない第1条を削除し、以下各条の繰上げ、会長に関する事項削除、支部長の役割変更、会計監査の選出方法の変更と監査内容に事業全般の監査を追加。

第5条 2007年5月25日総会においてサポータ制度を導入し、第4条の年度幹事を廃し、サポータを定義し記載。第5条年度幹事を廃し、サポータ登録条件を記載。

 

《施行細則》

第1条     支部長は、機械系、電気系、化学系の3グループを交代で持ち回り選出とする。

第2条     会計監査は監査の適正化を図るため、支部長選出学科系と異なる系より選出しなければならない。

 

《施行細則付則》

1. 1991年5月23日総会において第2条追加。

2. 2005年5月28日総会において第1条の機械系、電気系、化学系の( )内略号を削除。